ジャカルタの日本人が思うこと

ジャカルタ在住15年の日本人が思う、日本とインドネシアのいろいろなこと。

嘘偽りのないイスラム:飯山陽「イスラム教の論理」

世の中、みんな薄々分かってはいるんだけど、大きな声では言えないことというのがある。

イスラム教は本当は平和な宗教で、イスラム国やアルカイダは真のイスラムじゃない」とか、「自爆攻撃をするのは洗脳されたり、麻薬漬けにされた人だ」とか知識人や当のイスラム教徒は言うし、それを聞いている私たちは何となく「そうなのか」と思ってしまう。

国際社会に生きる現代人として、特定の文化や宗教に否定的な態度を示すのは倫理的でないように感じるし、一見異なっているように見える彼我の間には共通する価値観-人権、平等、自由など-があって必ず分かり合うことができると信じたい。だから「イスラムは平和な宗教」という言説を受け入れたくなる。

でも、私が生活しているインドネシアでも(少数派ではあるが)イスラム国に共鳴してテロを行う人が後を絶たない。世界規模でみたらイスラムによるテロがない日はないんじゃないかと思える。こうした現実に起きている事態は、知識人による耳障りのいい解説とは矛盾しているような…。


目次に「「イスラム国」のイスラム教解釈は「正しい」」、「コーランを字義通り解釈すれば、日本人も「殺すべき敵」である」、「「イスラム教は平和な宗教」論の欺瞞」といった項目が並ぶ飯山陽の「イスラム教の論理」は、ようやく現れたこの疑問に回答を与えてくれる一冊だった。

インドネシア在住が長く、日本のテレビ番組を見る機会が少なかったので、最初、私は飯島陽の名を知らず、売上目当てにセンセーショナルな項目を並べたヘイト本かとも思ったが、この懸念はあたらなかった。

イスラム教の論理でいえば、イスラム指導者によるテロを否定する宣言も、異教徒の殺害を促すイスラム国の主張も、いずれもコーランに立脚しており、どちらも等しい価値を持つ。だから、イスラム国の言い分はイスラム的には正しい(少なくとも間違ってはいない)ということになる。私達はたまたま前者には共感でき、後者にはできないけど、どちらもイスラムの論理であり、自分たちに都合のいいものだけを正しいイスラムとすることはできないし、また都合の悪いものも厳然と存在し、なくなってくれはしない。

嬉しくない真実だが、真実を知らなければ対応もできない。これから外国人労働者が増え、価値観を共有できる部分が少ない、コーランに忠実なイスラム教徒と隣人として共存していく可能性を考えれば、日本国外で生活する人でなくても、まずは嘘偽りのないイスラムを知るという意味でも読む価値があるのではないか。

インドネシアの分析も!

この本のありがたい点は、世界的なイスラムの潮流からいえば傍流であるはずのインドネシアに紙面を割き、分析をしてくれていることだ。

イスラム本の多くではインドネシアはほぼ無視されているか、記述があっても居住者の実感とはかけ離れた納得度の低いものでしかない場合が多いのだが、「なぜインドネシアイスラム教徒は「過激化」したのか」の一項は、インドネシアの行末を考える上で必読であると思える。
その一部を要約すると、近年のイスラム主義の高まりは、インターネットを通じてインドネシアからでも簡単にコーランハディース預言者ムハンマドの言行録)に直接アクセスできるようになったことで、イスラムの原典に触れ、「正しい」教義、「正しい」イスラムに目覚めつつあるためらしい。
確かに教育が低く、異なる文化に触れることの少ない地方の貧困家庭でなく、都市部の中間層以上の若者(一面ではイスラム大好きで、もう一面では日本アニメ大好きだったりもする)にもイスラム熱が高まっているのをみると、この分析は少なくともインドネシアの「過激化」の原因の重要な一部を説明していると思う。

 

イスラム教の論理 (新潮新書)

イスラム教の論理 (新潮新書)